【たね物語】1800年代のオールドマーケットを賑わせた野菜とは?

0

     

     

     

    ビーツエジプト

     

    こちらのビーツは、19世紀に欧米で人気になった「エジプトビーツ」と呼ばれる根菜です。

     

    「エジプト」という名前がついていますが、ドイツが原産。

     

    う〜む、紛らわしいですね。てっきりエジプトが原産だと思っちゃいます。

     

    これには、意外な背景があったのです。

     

     

    ナポレオンが巻き起こしたエジプトブーム

     

    話の始まりは、1800年代のヨーロッパ。

     

    当時、有名なナポレオンのエジプト遠征に沸く西洋社会は、文化も言語も全く違う国「エジプト」に注目。

     

    芸術、宗教、その他いろいろなグッズに「エジプトの」という冠をつけるのがブームだったそうです。

     

    そのころ出回っていたビーツがこちらの「エジプトビーツ」。

     

    ドイツが原産ですが、「エジプト」とつけたほうがなんとなく魅力的、とエジプトブームにあやかってネーミングされました。

     

    一般的な丸形のビーツと比べ、形はフラット。

     

    皮は滑らかで、キリッとまっすぐ伸びた根っこが特徴。

     

    1860年代にヨーロッパからアメリカに紹介されるや否や、アメリカでもたちまち人気に。

     

    その後も世界中で品質の良さが称賛され、今日まで愛され続ける品種です。

     

    ナポレオンの時代から続くビーツだなんて、なんだかロマンを感じます。

     

     

    シンプルに素材の味を楽しみたい食材

     

    赤紫色がお料理をはなやかにしてくれるビーツ。

     

    細切りにしてサラダに、酢漬けなどにして楽しめます。

     

    シンプルに、ビーツを蒸してバターと塩、レモン汁などをかけて食べるというのもおすすめ。

     

    オリーブオイルで炒め、熱々に塩をかけて食べる。それだけでも最高です!

     

    もちろん、ビーツと言えば「ボルシチ」。自分で栽培したビーツでボルシチというのもなかなか楽しいですね。

     

    ボルシチ

     

    ビーツを使った「ボルシチ」のレシピはこちら>>

     

     

    ▼ビーツの有機種子はこちらでお求めいただけます。

    ビーツの種

     

     

     

     


    【オーガニック・ポタジェ】ポタジェの準備、はじめます。

    0

       

      【オーガニック・ポタジェ】ポタジェの準備、はじめます。

       

       

      ポタジェ準備

       

      これまで、種の試験栽培や発芽試験を繰り返してきました。

       

      会社として、輸入してきた種がしっかり育つか、どんな風に育つのか確かめる必要があったからです。

       

      でも「そろそろ、”育てる”ってことを純粋に楽しんでみたいよね」とスタッフと話していたところ、ポタジェ・アドバイザーの藤井純子さんと一緒に「オーガニック・ポタジェ」を作ろう!という話が盛り上がり、今年は素敵なポタジェづくりを始めることになりました。

       

      「ポタジェ」とは、フランス語の「ポタージュ(混ぜる)」が語源。

       

      色々な野菜とハーブを植えた菜園のことです。

       

      食べ物として野菜を育て、薬としてハーブを育て、それらを訪れた人々と分かち合う場として中世フランスの修道院から始まったと言われています。

       

      実用性だけでなく見た目の美しさもかなうポタジェ。

       

      新しいガーデニングの形として近年注目されています。

       

       

      ポタジェの準備をするのも楽しい!

       

      昨年末頃からポタジェ用に、じわじわと畑を整えています。

       

      土を掘り起こしたり、雑草を抜いたり。

       

      息子も嬉々として「クワ貸して〜!」「僕がやる!!」と頑張っています。

       

      ポタジェづくり

       

      お借りしているのは、株式会社がいあプロジェクトさんの畑。

       

      神奈川県伊勢原市の、のどかな山の中にあります。

       

      畑を耕していると、山ザルが出てきたりするくらいのんびりです。

       

       

       

      夢を形にする作業は楽しい

       

       

      まずは、どんなポタジェを作りたいのか?どんな風に楽しみたいのか?を考えていきます。

       

      藤井さんから届いたのは、こちらのアイデア。

       

      ポタジェ準備

       

      眺めているだけでワクワクするようなポタジェのプランです。

       

      「ひと手間かけて楽しめるような野菜やハーブを育てる」がコンセプト。

       

      例えば、バジルはジェノベーゼソースにしてパスタにするとか。

       

      栽培したハーブと野菜を組み合わせて素敵なお料理ができそうです。

       

       

       

      苗をたくさんつくっています。

       

      ポタジェ用苗

       

      3月に入り、種をたくさん播きました。

       

      ポタジェに植える野菜やハーブたちです。

       

      ポタジェ用種まき

       

      こちらも苗づくり。ポットはココヤシの殻を砕いたものを成形してでできています。

       

      天然素材なのでポットのまま畑に植えられてラクです。

       

      初めてのポタジェづくり、とっても楽しみです!

       

       

      JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


      赤しその固定種、入荷しました。

      0

        「赤しそ」の固定種が入荷しました。

         

        しば漬けに、梅干し、赤しそドリンク。

        自分で育てた赤しそでいろんなレシピが楽しめます!

         

        赤しその固定種入荷

         

        「固定種」のタネって何だろう?

         

        ニンジン、かぼちゃ、トマトのなど、タネには品種の違いがあります。

         

        そして、あまり知られてはいませんが、タネには品種以外の違いもあるのです。

         

        今回入荷した種は「固定種」と呼ばれるタイプの種です。

         

        代々同じような形質の種を選抜し、受け継いできたタネを「固定種」といいます。

         


         

        「固定種」を生産するのは意外と大変です!

         

        今回入荷した赤しその固定種ができるまでをご紹介します。

         

        固定種を生産するには、まず1代目の赤しそを育てることから始めます。”葉がやわらかく、香り豊か、色づきがよく元気が良い”など、理想的な特徴を持った赤しそはどれかな?とじっくり吟味し、「これやっ!」とうなずける赤しそを親株として種をとり、保存しておきます。(2017年10月下旬)

         

        2018年5月中旬、保存しておいた種をまき、いよいよ種とり栽培開始です。

         

        シソのタネ

         

        栽培の途中で暑さにやられたり、虫に食われたり、結構大変です。

         

        赤しそのタネの生産

         

        そんな数々の困難を乗り越え、葉の色も美しい紫に変わりました!あと少し!

         

        赤しその栽培

         

        害虫を駆除するカエルちゃんの強力なサポートもあり、うれしい限り。

         

        赤しそを守るかえる

         

        他の品種が混ざらないように、また更なる虫の脅威から守るためにネットを設置しました。

         

        シソにネットをはる

         

        シソの実がみのり、もうすぐ種がとれる状態です。

         

        シソができる

         

        10月中旬には種の実が太り、しっかりしたタネができました。

         

        赤しその種

         

         

        「固定種」の生産技術を継ぐ人が少なくなっています。

         

        「原種」から管理して種を採り(厳密には原原種→原種→採種)、安定した固定種を採る技術を持つ篤農家(とくのうか)は、昔は地方ごとに数多くいました。

        今では、ここまで固定種にこだわる種採り農家さんはほとんどいないのが現状です。

         

        現在は、スーパーなどに卸すために大量生産に向く「F1(エフワン)種」が普及しています。

         

        F1種は、まったく異なった遺伝的特徴を持つ親同士をかけ合わせて作ります。

        例えば「丸くて黄色いえんどう豆」と「しわのある緑色のえんどう豆」を掛け合わせます。

        メンデルの法則でいう雑種強勢が働いて、両親の特徴の中で優勢な性質が子供の代で必ず現れます。

        この場合「丸くて黄色いえんどう豆」という子供が必ずできることになります。

        でも、そのえんどう豆から採れた種をまいても、孫の代では同じような「丸くて黄色いえんどう豆」だけでなく、緑色やしわのあるえんどう豆もできてしまいます。

        確実に「丸くて黄色いえんどう豆」を栽培したいなら、もう一度、異なった特徴を持つ親同士のかけ合わせが必要になります。

        現在、F1種のほとんどは、大手種苗業者が販売しています。

         

         

        「固定種」が無くなったら、旅行がつまらなくなる!?

         

        地域ではぐくまれ、愛されてきた固定種の野菜。

        これらのタネが無くなってしまったら、その野菜を使った郷土料理も楽しめなくなってしまいます。

        旅の楽しみの一つは、訪れた地域のおいしい伝統料理を楽しむこと。

        えび芋や聖護院大根を使ったおばんざいが食べられない京都なんて、京都じゃない〜!といったところでしょうか。

         

        固定種は、F1種ほど揃いはよくありませんが、多少暑かったり寒かったり、虫が来たりと環境が変わってもなんとか育ってくれる確率が高いのです。

        F1種は、特定の条件さえ揃えば、ばっちり理想的な野菜が育ち、スーパーなどへちゃんと出荷できるので大量生産に向きます。

        でも、最近のF1種は特定の条件以外の環境にはめっきり弱いのが玉にキズ。

         

        現代の世の中ではF1種の野菜は欠かせません。F1種がなければ、スーパーにいつでも手ごろな値段で大根やトマトが並ぶ、なんて夢のまた夢。

         

        確かにF1種も大事だけれど、昔から愛されてきた、各地方の味を伝える元気な固定種もやっぱり大事、なのではないでしょうか。

         

         

        自分たちで、自分たちが食べる野菜の種を採るって、ほんとうは当たり前のことだと思います。そんな基本的な知識や技術が消えつつあることに、寂しさと違和感を覚えます。

         

         

        これからの世の中のために、多種多様な選択肢が必要です。

         

        もし、この世が固定種だけだったら、今のような豊かな食生活は送れないでしょう。野菜の供給量が少なく、値段が高くなれば飢えに苦しむ人だって出てくるかもしれません。

        かといって、大量生産に向くF1種だけでは、これからの環境変化の多い世の中では不安が残ります。

         

        私たちは、これからの世の中を生きる世代であり、後世により良いものをつないでいくべき世代です。

         

        日本の固定種を残すことを目的として立ち上げた「SAVE THE SEED(セーブ・ザ・シード)プロジェクト」。

        2017年6月の立ち上げから、現在、こちらの「赤しそ」で15品種の国産の固定種をつなぐことになりました。

         

        一粒の小さな種に込められた未来への想いを、一人でも多くの人へ届けたい。

         

        と、まじめなことを書いてしまいましたが、とにかくこちらの「赤しそ」は育てやすくて香り豊か。

        おススメですよ!

         

         

        ▼商品ページはこちらから

        赤しその種販売

         

        JUGEMテーマ:オーガニック


        国産・有機栽培の「茶綿(ちゃめん)の種」入荷しました!

        0

           

           

          ミルクティーのようなロマンチックな色の綿

           

          「茶綿(ちゃめん)」のタネが入荷しました!

           

          茶綿の種入荷

           

          ミルクティーのような優しいブラウン。

          綿と聞くと、白い色を想像しますが、綿の原種はこのように色がついていました。

          紫外線から身を守るために色がついていたと言われています。

           

          一般的に普及している白い色の綿は、人間が長い時間をかけて品種改良を重ねた綿です。綿の原種は、こちらのようなブラウンや、薄緑色がついた有色綿でした。有色綿などの在来種は病害虫や乾燥に強く、栽培に多くの肥料を必要としません。無農薬・無化学肥料での有機栽培にも挑戦できます。

           

           

          もっとも身近な「綿」について私たちはほとんど知らない。

           

          「綿」と言えば、タオルや靴下、ハンカチ、ズボンにブラウス、Tシャツに…と、私たちの生活には欠かせない素材。繊維製品の60%が綿製品と言われています。

           

          こんなにも身近な綿ですが、こんなにも問題が多い農産物も他にない、というのが現状です。

          例えば、農薬や殺虫剤。

          綿花の農場は世界中の農地の2.5%に過ぎませんが、綿栽培における殺虫剤使用量は世界全体の使用量の16%とも言われています。これほど殺虫剤を使う農産物はほかにありません。

           

           

          綿の農薬

          画像元:Hindustan Times

           

          また、世界の綿花農家の99%(!)は農村地帯にすむ小規模農家で、防護服も手に入らず、識字率も低いため、安全についての注意書きを読むこともできないと言われています。このため、綿花の殺虫剤使用が原因の死者数は毎年少なくとも2万人、入院者数は100万人にのぼります。※

          労働賃金が安いため、児童労働の割合も多い農業分野です。

          白色綿は、製品化の過程でつや出し加工や漂泊、染色などの工程が加わり、工程ごとに化学薬品が使用されるので環境にも負荷がかかります。

           

          このような綿の生産方法が問題視されるようになり、近年、農薬や殺虫剤を使用せずに生産されたオーガニックコットンが少しずつ広がっています。

           

          ※国連大学ウェブマガジンより一部引用:https://ourworld.unu.edu/jp/monsantos-cotton-strategy-wears-thin

           

           

          私たちが未来へつないでいけるものとは?

           

          江戸時代ごろから盛んになった日本の綿花栽培。ところが明治維新以降、中国やアメリカなどから安価な綿が輸入されるようになり、国内の綿栽培は衰退していきました。

          そんな中、綿の種の保存を行ってきたのが信州大学繊維学部です。約30種類の綿の種を守ってきました。そして、種を保存するだけでなく、活用しよう!と動いたのが株式会社アバンティ代表・渡邊智惠子さん。環境にも人にも優しいオーガニックコットンを日本に広めたいと会社を設立し、30年以上にわたってオーガニックコットン製品を世の中に提供してきました。

           

          アバンティ

           

          アバンティは、信州大の協力を得て、オーガニックコットン製品の日本での生産に挑戦しています。

           

          日本に引き継がれてきた技術を生かしたいという思い、そして顔の見える安心安全なものづくりのため、糸から生地、最終製品までを日本でつくることにこだわっています。

           

          次の世代へ伝えたいこと、それは伝統技術であり、知恵であり、美しい地球環境です。

           

           

           

          グリーンフィールドプロジェクトができること

           

          種は保存するだけじゃ「もったいない」!

          そんな、渡邊さんの強い思いに、種屋の私たちも「その通り!」と共感。

           

          種は育てるもので、育った綿は使う物なのです。私たちの祖先がずっとそうしてきたように、生活の一部であってほしい。

           

          と言っても、農地の狭い日本で、綿生産農家を増やし、国産のオーガニックコットン製品を流通にのせ販売する、というのはまだまだ厳しいところ。価格の面でも競争力が必要です。

          それでも普及させたい。

          日本の綿自給率ゼロが1%になる日を願って。

           

          そして、種から綿を育て、消費者の皆さんに綿を身近に感じていただくことで、

          オーガニックコットンを広めていきたいという強い思いから、

          今回の種の販売が実現しました!

           

          茶綿の種

           

          販売1袋につき10円が、日本オーガニックコットン協会へ寄付されます。

          また、この寄付額と同額を種子販売元であるグリーンフィールドプロジェクトから追加寄付する予定です。

           

          お庭やベランダでちょこんと、ふわふわかわいい綿花を栽培してみませんか?

           

           

          有機栽培された茶綿の種は希少です。

          無くなり次第終了となります。

           

          ▼商品ページはこちらから

          茶綿

           

           

           

          JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然


          有機栽培向き!こだわりのジャガイモの種いも入荷しました!

          0

            とことんこだわりたい!ジャガイモの有機栽培!

             

            肉じゃがにポテトサラダに、そうそう、忘れちゃいけないフライドポテト!

            ジャガイモってほんとにおいしいですよね〜。

             

            ところで!今回、ジャガイモの種いもが入荷しましたのでお知らせします!

             

            じゃがいも種イモ

            左から:グランドペチカ、タワラマゼラン、タワラワイス

             

            え?!こんなにカラフルなじゃがいも見たことない!

            という方も多いのではないでしょうか。

             

            ジャガイモの原産地、南米アンデス地方では、今でも様々な種類のジャガイモが食卓にのぼっています。ジャガイモ=薄茶色の皮、というわけではないんです。

             

            こちらのジャガイモは、ズバリ「有機栽培に向くジャガイモ」。

             

            こだわりとストーリーが詰まったスーパーポテトなんです!

             

             

            生産者にも消費者にも安心できるジャガイモを!という想いから生まれました。

             

            長崎県雲仙市でジャガイモを生産していた俵 正彦(たわら まさひこ)さん。

            高校卒業後、アメリカのアイダホ州でジャガイモの栽培を勉強。

            生粋のジャガイモ名人なのです。

             

            ジャガイモ畑

             

            そんな俵さんが、ジャガイモ栽培中、土壌消毒の事故に遭い、体調を崩してしまったことがあります。

             

             

            知らなかった!土を化学消毒する、という事実。

             

            一般にはあまり知られていませんが、ジャガイモを大量生産する場合、生産者は土の化学消毒をします。

             

            土の中には様々な微生物や菌がいます。ジャガイモの種イモは病気に弱く、土の中の病原菌に感染してしまうリスクがとても高いのです。

            ジャガイモが病気に感染したら出荷できない!ということで、種いもを植え付ける前の土を消毒し、病原菌を殺しておくのです。

             

            一方で土壌消毒剤の使用ミスによる生産者への健康被害や環境汚染という問題も抱えています。

             

            例えば、青枯病、そうか病の対策として「クロルピクリン」という土壌消毒剤があります。第一次大戦中には毒ガスとして使用されていたものです。

            ちょっとでも吸ってしまうと目はチカチカ、涙が出たり咳が出たりと生産者は気を遣いながら使っています。誤って使用すると呼吸困難、中には死に至ることもある劇薬です。

            使用するときは、必ず呼吸用保護具、手袋、保護めがね、保護マスクなどを着用しなければならないとされています。

            消毒剤を土にまいた後は、ビニールなどでしっかり覆い、有毒ガスが周りに飛散しないように注意しなければいけません。

             

            クロルピクリン

             

            「クロルピクリン」は、土壌の中の病原菌だけでなく、様々な微生物も殺してしまいます。自然のサイクルを形成する微生物のいない土壌になってしまうので、化学肥料を使って栄養を与えることになります。

             

            こうして安定した収穫が実現しますが、できれば使わずに栽培したい、というのが生産者の本音ではないでしょうか。

             


            種いもの革命は農業の革命だ!

             

            俵さんは、土壌消毒の事故に遭ってから、化学消毒に頼らない、病気に強い品種の育成に挑戦しました。

             

            ジャガイモの品種改良を志したのは1985年。病気に強い種いもを見つけるため、病原菌のいる土の中にジャガイモを植付け、生き残った強いジャガイモを選別。さらにそのジャガイモを種いもとして栽培、そしてまた生き残ったジャガイモを選別…を繰り返すこと10年。ついに病気に強い品種の育成に成功し、「タワラムラサキ」と言う名で品種登録しました。

            民間で育種し、品種登録したのは俵さんが日本で初めて。その後も9品種を育成し品種登録を重ねてきましました。

             

            その功績が認められて、農林水産省が認める「農業技術の匠」に選ばれています。

             

            ジャガイモ様々

            俵さんが育種した様々なじゃがいも。きれいです!

             

            俵さんの品種は、農薬や肥料が少ない条件でも収穫できるので、特別栽培や有機栽培に向きます。

            青枯病やそうか病への抵抗性があるので、クロルピクリン土壌消毒剤を使わないジャガイモ作りに貢献できるという画期的な品種です。(ちなみに、クロルピクリンは、全国で年間9000トンも使用されているそうです!)

             

            俵さんの品種が普及していけば、ジャガイモ生産現場での土壌消毒剤の使用減少につながります。ジャガイモ生産の農業形態そのものを変えていく可能性を秘めているのです。

             

             

             

            安心・安全を次の世代へ。循環型農業を目指す「竹田かたつむり農園」

             

            若いころ、アメリカまで行き、ジャガイモの生産方法を学んだ俵さん。

            2018年、63歳で亡くなるまで生涯をジャガイモの品種育成に捧げました。

             

            俵さんの「生産者と消費者の安全のために」という想いは、次の世代にしっかりと受け継がれています。

             

            かたつむり農園

             

            長崎県雲仙市で、地元の伝統野菜を中心に栽培している「竹田かたつむり農園」。

             

            代表の竹田竜太さんは、なんと!畑で育てた野菜から種を採り、その種を播いてまた収穫するという農家さん。できるだけ地元にある材料で土作りを行い、マルチビニール等の石油製品を使わないことを心がけています。自然の恵みを活かす有機栽培で、環境にも、生産者にも、そして次の世代にとっても安心・安全な野菜を作っています。

             

            ジャガイモ種イモ2

            子供も一緒に楽しそう!有機栽培なので安心です。

             

            今回、竹田かたつむり農園さんが育てた種いもが入荷しました!

             

            化学農薬なし・化学肥料なしで育てた固定種の種いもはとても希少です。俵さんの品種の種いもを栽培しているのは、全国で2か所だけ。そのうちの一か所が竹田さんの農園です。

             

            病気に強い、連作できる、食べておいしい!なんて、まさにスーパーポテトです!

             

            ▼商品ページはこちらから

            ※2019年2月入荷分。在庫限りで販売終了となります。

            ジャガイモ種イモ

             

             

            JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


            | 1/27PAGES | >>

            search this site.

            グリーンフィールドプロジェクト会社リンクgreenfield project グリーンフィールドプロジェクトショップリンク

            グリーンフィールドプロジェクトのフェイスブック   グリーンフィールドプロジェクトのツイッター

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            野菜だより 2014年 11月号 [雑誌]
            野菜だより 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

            当社の有機種子が紹介されました!

            recommend

            野菜だより 2014年 01月号 [雑誌]
            野菜だより 2014年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

            当社の有機種子が紹介されました!

            recommend

            野菜だより 2014年 03月号 [雑誌]
            野菜だより 2014年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

            当社の有機種子が紹介されました!

            recommend

            recommend

            recommend

            はじめての西洋野菜の手帖
            はじめての西洋野菜の手帖 (JUGEMレビュー »)

            当社サイトのレシピ&栽培方法が紹介されています。

            recommend

            profile

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            recent comment

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM