秋の夜長のゆったり時間〜菜園に想いを馳せて

0

    北風ぴゅーぴゅーの秋。

     

    外は寒いので、おうちの中でゆっくり温まりたい季節です。

     

    家庭菜園が思うようにできないこの時期は、春になったらどんな菜園づくりをしようかな、何を植えようかな、と想いを馳せています。

     

    そんな季節にぴったりの、菜園のヒントになりそうな本をご紹介します。

     

    これからご紹介する本の中には、すでに新刊が手に入らないものもありますが、いずれも名著。

     

    栽培に携わってきた有機のタネ屋スタッフの一押しシリーズです!

     

     

    【ベランダ菜園セラピー】宮田範子(著)

     

     

     

    「ガーデンセラピー」という言葉を聞いたことはありますか?

     

    土いじりしたり、花を楽しんだり、植物の生長をまじかに見て触れることで五感を刺激し、健康的なライフスタイルをつくるセラピーです。

     

    私自身「毎日パソコン仕事でなんだか疲れる〜!」と思った時に、菜園に行って苗を植えたりハーブを収穫したりして、自然に触れるだけでなんだかリフレッシュします。

     

    「栽培してみたいけど難しそう・・・」

     

    「うちはマンションで狭いから無理・・・」

     

    そんな方におススメの本です。

     

    こちらは当社の「発芽野菜アンバサダー」で活動していただいている宮田範子さんの著書です。

     

    2008年から始めたベランダ菜園のブログ「大好きベランダ菜園」が人気になり、1日のアクセス数が1万件以上に。

     

    テレビ、新聞、雑誌などメディア出演でも多数活躍されています。

     

    ベランダ菜園初心者さんにお勧めの本です。

     

    「ベランダ菜園セラピー」はこちら>>>ベランダ菜園セラピー

     

     

     

    【Green Finger ポタジェ】藤井純子(著)

     

    ポタジェづくり

     

    「ポタジェ」は、フランスの修道院から始まったと言われる菜園のスタイルです。

    食料として野菜を、薬としてハーブを育て、花、果樹などいろいろな植物を混植します。

     

    食べたいものを作るだけでなく、菜園の形も美しく整うので、野菜やハーブに水やりしに行くだけでも素敵な庭園を歩いているような気分になって癒されます。

     

    お庭造りに悩んでいる方にもおススメです。

     

    「Green Finger ポタジェ」はこちら>>>Green Finger ポタジェ

     

     

     

    【食べることも愛することも、耕すことから始まる】クリスティン・キンボール(著)

     

     

    ハーバード大学卒業、都会育ちの女性が、ひょんなことから有機栽培で自給自足を目指す青年と恋に落ち、田舎で農業をすることを選んだ実話。

     

    以前、ブログ記事でもご紹介させていただきました。

     

    自分の人生をより充実したものにするために、人は何かを捨て、何か別のものを選択し、新しいものを得たり発見したりするんですね。

     

    戸惑いながらも、全編に生きることへの喜びが感じられる本です。

     

    本格的に田舎で農業しようと考えている方におすすめですよ!

     

     

    「食べることも愛することも、耕すことから始まる」はこちら>>>食べることも愛することも、耕すことから始まる ---脱ニューヨーカーのとんでもなく汚くて、ありえないほど美味しい生活

     

     

     

     

    【雑食動物のジレンマ】マイケル・ポーラン(著)

     

     

    現代の食べ物の原料はどこからくるのか? どんなふうに加工されているのか?

     

    化学添加物も遺伝子組換えもない「本物の」食材だけで食事を作りたい!

     

    でも、「本物の」食材って結局なんだろう?

     

    ということで、ジャーナリストの著者が出会った食材のルーツを徹底的に追跡するという内容。

     

    まさに、「食べ物」をめぐる冒険です。

     

     

    野菜やハーブを栽培する目的は、もちろん「食べること」。

     

    「食べること」に関心のあるすべての菜園愛好家の方におススメします。

     

    「雑食動物のジレンマ」はこちら>>>雑食動物のジレンマ 上──ある4つの食事の自然史

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


    【秋に植える面白い野菜】菜園も食卓も華やかになります!

    0

      【秋に植える面白い野菜のご紹介】

       

      暑さも和らぎ、屋外作業が楽になる秋は、種まきに最適です。

       

      虫も少ないので、農薬を使わない有機栽培の挑戦にもピッタリです。

       

      秋に植える面白い野菜をご紹介します。

       

       

      ビーツ/ビート<チオギア>

       

      ぐるぐるビーツの有機の種

       

      ぐるぐる渦巻きが面白いビーツです。

       

      薄くスライスして生でサラダにしても楽しい!

       

      ▶商品ページはこちらから>>>ビーツ/ビート/チオギアの有機の種

       

       

       

      黒丸大根<ブラックスパニッシュラウンド>

       

      クロマルダイコンの有機種子

       

      かぶのように丸い形ですが、大根です。

       

      真っ黒な皮と真っ白な果肉のコントラストが美しく、高級料理店などで使われています。

       

      黒丸だいこんのレシピ

       

      薄くスライスしてイクラをトッピングした前菜もおいしい!見た目もきれいです。

       

      ▶商品ページはこちらから>>>黒丸大根/ブラックスパニッシュラウンドの有機の種

       

       

       

      とんがりキャベツ<シュピッツコール>

       

      とんがりキャベツの有機種子固定種の通販

       

      え?こんな形のキャベツってこの世にあるの?というくらい、とんがった形のキャベツです。

       

      ドイツで古くから愛されています。

       

      やわらかいのでお好み焼きに入れると美味。

       

      もちろん、本格的なドイツ風ザワークラウトを作ってもいいですね!

       

      ▶商品ページはこちらから>>>とんがりキャベツ/シュピッツコールの有機の種

       

       

       

      サボイキャベツ<マーナー>

       

      サボイキャベツ

       

      ヨーロッパで長く愛されるちりめんキャベツ。

       

      フランスでロールキャベツと言えば、こちらのサボイキャベツを使うのが一般的。

       

      煮崩れしにくく、ちりめん状の葉に味がしみこんでおいしいですよ!

       

       

      ▶商品ページはこちらから>>>サボイキャベツ/マーナーの有機の種

       

       

      コールラビ<アスルスター>

       

      コールラビ

       

      こちらも実は、キャベツの仲間。独特の形ですね。人のこぶしと同じくらいの大きさで収穫します。

       

      シチューなどに入れて煮込むとホクホク食感です。キャベツのような、カブのような不思議なおいしさ。

       

      栽培も比較的簡単なので菜園ビギナーさんにもおススメです。

       

      ▶商品ページはこちらから>>>コールラビ/アスルスターの有機の種

       

       

       

      ロマネスコ<ベロニカ>

       

      ロマネスコの種

       

      幾何学的な形が美しいカリフラワーの仲間の野菜です。

       

      パスタやリゾット、スープにしてもおいしいです。

       

      火を通すと、ほんのり甘く優しい味。イタリアで古くから愛される野菜です。

       

      ▶商品ページはこちらから>>>ロマネスコ/ベロニカの有機の種

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


      【新商品のお知らせ】「丸葉 小松菜」「結球レタス/サラダレタス」

      0

        新商品が入荷しました。

         

        丸葉小松菜

         

        「丸葉小松菜」

         

        日本で自家採種されてきた黒葉系コマツナ。葉色は濃緑色で照りがあります。おひたしや炒め物などにピッタリ。春まき、秋まきができます。

         

         

         

        サラダレタス

         

        「結球レタス/サラダレタス」

         

        結球レタスの早生種。草勢強く、大球になります。結球は締まりが緩く、内部は淡黄色。葉肉厚く、食味良好。

         

         

        いずれも、国産の自然栽培の種(固定種)です。

        化学農薬や化学肥料を使用せずに栽培・採取されたタネです。

        化学種子消毒をしていません。

         

         

        「丸葉小松菜」のタネはこちら>>>

         

        「結球レタス/サラダレタス」のタネはこちら>>>

         

         

         

        JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


        【オーガニック・ポタジェ】楽しみは栽培や収穫だけじゃない!

        0

          大収穫のポタジェです。

           

          当社のポタジェも8月に入り、収穫真っ盛り!

           

          ポタジェでの収穫

           

           

          トマトも6歳の息子の背をぐんぐん追い越していきました。

           

          ミニトマトが大きくなった

           

           

          キンギョソウもいい感じで咲いています!かわいいですね~!

           

          キンギョソウはエディブルフラワー

           

           

          こちらはチコリ/ウラナス。食べごろです。

          ベビーリーフやレタスと一緒にサラダにすると程よいアクセントに。

          炒めても美味!

           

          チコリウラナス

           

           

          絵にかいたようなテントウムシ。かわいくて癒されます。

           

          テントウムシ

           

           

          こちらは和綿の花。繊細さの中に力強さがありますね。きれいです。

           

          和綿の花

           

           

          野菜やハーブの生長をサポートする、という気持ちで栽培しよう。

           

          今月も、ポタジェ・アドバイザーの藤井純子さんに栽培のアドバイスをしていただきました。

           

          スタッフが、うちの庭のミニトマトの実の数がどうも少なくて・・・と相談したところ、

           

          「支柱でしっかり支えてあげたほうがいいですよ。そうしないと、自ら伸びていくのに必死で、ひょろひょろ大きくなるだけで強くなれないの。支柱というサポートがあれば、しっかり伸びていけるので、病害虫にも強くなる。土台がしっかりすれば、たくさん実をつけることができる。人間と一緒で、誰かのサポートがあれば強くなって、より多くのものを生み出せるんだと思います。」

           

          ミニトマトの栽培方法

           

          なるほど、確かに庭のミニトマトには支柱をたてていませんでした。

           

          「ミニトマトに限らず、植物が強く育つようにできるだけサポートしてあげると栽培がうまくいきますよ。」とのこと。

           

          ミニトマトの収穫

           

          ちなみに、しっかり支柱をたてたポタジェのミニトマトは豊作!!

          スタッフも食べました〜!

          が、なんと!その大半を山のサルに食べられちゃうという騒動もありました。

          おいしいものがわかるのでしょうか、赤く色づいたものだけをどんどん食べてしまうサル。

          人間の取り分の方が明らかに少ない…。悔しいです!!

          ちなみに、今もサルとスタッフのバトルは続いています。

           

           

          和綿も大きくなってきました。

          こちらも風や雨に負けないように麻ひもでまとめておきましょう、とアドバイスをいただきました。

           

          栽培のコツ

           

          栽培のヒント

          上部と下部にそれぞれ、和綿のグループをまとめるように麻ひもでまとめました。

          早くふわふわの綿をつけておくれ〜!

           

           

          こちらはローズマリー。

           

          ローズマリーの育て方

           

          「苗から栽培するのが一般的なローズマリーですが、グリーンフィールドさんの種から栽培したローズマリーはちゃんと育っていて驚いています」とうれしいお言葉をいただきました!

          確かに、ローズマリーは種まきから発芽までに1か月近くかかるし、発芽率も他のハーブに比べて低く、初心者にはハードルが高いものです。でも今回のポタジェでの栽培では順調に育っていて、スタッフも大喜びです。

           

          ローズマリーの増やし方

           

          ローズマリーは横に地面を這うように広がっていく性質があります。

          「ローズマリーを増やすのはカンタンです。地面に這って伸びた枝の上にレンガなどを載せておくと、枝から根が張ってどんどん広がっていきます。」と藤井さん。

           

           

          女子力アップ間違いなし!ポタジェという空間の魅力。

           

          今回は、GFP発芽野菜アンバサダーであり、野菜ソムリエプロの齊藤倫子さんや、家庭菜園誌「野菜だより」の記事を書かれているライターさんも参加して下さいました。

           

          活躍されているそれぞれの分野の知識や経験を交換でき、楽しく充実した時間でした。

          栽培について、レシピについて、話は尽きません。

           

          ポタジェは楽しい

           

          スタッフも大好きな赤紫蘇。もう何度も赤紫蘇ジュースを作って楽しんでいます。

           

          しそジュース

           

           

          ポタジェの楽しみは、なんといっても収穫だろう、と思っていました。

          もちろん、収穫の喜びも素晴らしいですが、こうやって、汗をかきながらみんなで栽培について、レシピについて、話が脱線して子育てについて、ポタジェの中でのんびり話すという時間がとっても楽しかったです。

          初対面の人も、栽培や野菜という共通項があることや、自然の中で話すことで、すぐに打ち解けられるような気がします。

           

          ポタジェでの収穫

           

          そして、何よりポタジェの中を歩いていると気持ちいい!

          フランスの中世の修道院が発祥と言われるポタジェ。

          きちんと野菜やハーブが区画整理されつつ、自然の調和が保たれた空間をゆっくり眺めたり歩いたりする心地よさ。

          そして、その空間と時間を誰かと共有できるという喜び。

          ハーブや野菜をちょこっと収穫しつつ、気分は中世フランスの修道女。

          暑くて汗だらだらなのに、なんだか優雅に歩きたくなる私がいます。

          ううむ、ポタジェ、女子力アップに効果ありです!

           

           

          ポタジェ・アドバイザー藤井純子さんの著書はこちら>>>

          ポタジェアドバイザー藤井純子

           

          JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


          【出展のお知らせ】オーガニックライフスタイルEXPOに出展します

          0

            今年も【オーガニックライフスタイルEXPO】に出展します。

             

            オーガニックライフスタイルエキスポに出展します

             

            出展している私たちも目移りしてしまうくらいたくさんのオーガニック商品がずらり。

             

            食品やコスメ、ベビー用品、園芸用品などなど、

             

            こんなに幅広いオーガニック商品が集まる機会はなかなかありません。

             

            最旬のオーガニック用品が展示会価格で購入できるのでオトクです。

             

            グリーンフィールドプロジェクトは、「クレヨンハウスとなかまたち」のカテゴリで出展します。

             

            ネットからの事前登録で、1000円の入場料が無料になります。

             

            事前入場登録>>>オーガニックライフスタイルEXPO

             

            ●開催日程:8月2日(金)・8月3(土)10:00〜17:00

            ●場所:新宿NSビル NSイベントホール

             

             

             

            JUGEMテーマ:オーガニック


            | 1/31PAGES | >>

            search this site.

            グリーンフィールドプロジェクト会社リンクgreenfield project グリーンフィールドプロジェクトショップリンク

            グリーンフィールドプロジェクトのフェイスブック   グリーンフィールドプロジェクトのツイッター

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            野菜だより 2014年 11月号 [雑誌]
            野菜だより 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

            当社の有機種子が紹介されました!

            recommend

            野菜だより 2014年 01月号 [雑誌]
            野菜だより 2014年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

            当社の有機種子が紹介されました!

            recommend

            野菜だより 2014年 03月号 [雑誌]
            野菜だより 2014年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

            当社の有機種子が紹介されました!

            recommend

            recommend

            recommend

            はじめての西洋野菜の手帖
            はじめての西洋野菜の手帖 (JUGEMレビュー »)

            当社サイトのレシピ&栽培方法が紹介されています。

            recommend

            profile

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM