【たね物語】片思いの女子必見の野菜

0

    ルッコラ

     

    片思いの女子必見!惚れ薬効果のある野菜?!

     

    ゴマに似た風味が面白い「ルッコラ」。

     

    ローマ帝国の時代から栽培され親しまれてきました。

     

    今ではサラダにしたり、肉や魚料理の付け合わせに出てきたりと割とメジャーな野菜です。

     

     

    ところで!このルッコラ、中世ヨーロッパでは、「惚れ薬」の効果があるのでは、と噂されていました。

     

    恋愛なんてもってのほかの修道女たちのいる修道院では栽培禁止!という時期もあったそうです。

     

    都市伝説の域を超えていますね。

     

    惚れ薬の効果があるのなら、ぜひ使ってみたい!という片思い中の女子、チャンスです!

     

    手料理をごちそうするね〜と、ルッコラのサラダを作ってはいかがでしょうか。

     

    食の歴史家ジリアン・ライリーによると、昔は、”惚れないように”とレタスと混ぜて(レタスは鎮静効果があるとされていました)サラダにして食べていた、とのこと。

     

    くれぐれもレタスと混ぜたミックスサラダなんて作らないように注意しましょう。

     

     

    ▼コチラのサラダは見た目もおしゃれでおススメです。

    ロケットのサラダ

     

    ルッコラとハムのサラダレシピはこちら>>

     

     

    ああ、ロマンチック。花も食べられるんです。

     

    生長すると、花を咲かせるルッコラ。ルッコラの花は、食べられるんです。

     

    ロケットの花

     

    ルッコラの花はスーパーではなかなか手にはいりません。

     

    自分で栽培した人ならではの楽しみですね。

     

     

    ロケットの花

     

    ちなみに、種の販売会社である私たちの会社の入り口には、こぼれた種が勝手にぐんぐん生長しています。

     

    この、右側にひょろりと生えているのがルッコラの花。

     

    一口食べてみると、うむ、花びらはやわらかい。

     

    意外にも、花の蜜の甘味がふんわり広がります。

     

    なんだかロマンチックな味です。

     

     

    ▼ルッコラの有機種子はこちらでお求めいただけます。

    ロケットのタネ販売

     

     

    JUGEMテーマ:家庭菜園


    【たね物語】1800年代のオールドマーケットを賑わせた野菜とは?

    0

       

       

       

      ビーツエジプト

       

      こちらのビーツは、19世紀に欧米で人気になった「エジプトビーツ」と呼ばれる根菜です。

       

      「エジプト」という名前がついていますが、ドイツが原産。

       

      う〜む、紛らわしいですね。てっきりエジプトが原産だと思っちゃいます。

       

      これには、意外な背景があったのです。

       

       

      ナポレオンが巻き起こしたエジプトブーム

       

      話の始まりは、1800年代のヨーロッパ。

       

      当時、有名なナポレオンのエジプト遠征に沸く西洋社会は、文化も言語も全く違う国「エジプト」に注目。

       

      芸術、宗教、その他いろいろなグッズに「エジプトの」という冠をつけるのがブームだったそうです。

       

      そのころ出回っていたビーツがこちらの「エジプトビーツ」。

       

      ドイツが原産ですが、「エジプト」とつけたほうがなんとなく魅力的、とエジプトブームにあやかってネーミングされました。

       

      一般的な丸形のビーツと比べ、形はフラット。

       

      皮は滑らかで、キリッとまっすぐ伸びた根っこが特徴。

       

      1860年代にヨーロッパからアメリカに紹介されるや否や、アメリカでもたちまち人気に。

       

      その後も世界中で品質の良さが称賛され、今日まで愛され続ける品種です。

       

      ナポレオンの時代から続くビーツだなんて、なんだかロマンを感じます。

       

       

      シンプルに素材の味を楽しみたい食材

       

      赤紫色がお料理をはなやかにしてくれるビーツ。

       

      細切りにしてサラダに、酢漬けなどにして楽しめます。

       

      シンプルに、ビーツを蒸してバターと塩、レモン汁などをかけて食べるというのもおすすめ。

       

      オリーブオイルで炒め、熱々に塩をかけて食べる。それだけでも最高です!

       

      もちろん、ビーツと言えば「ボルシチ」。自分で栽培したビーツでボルシチというのもなかなか楽しいですね。

       

      ボルシチ

       

      ビーツを使った「ボルシチ」のレシピはこちら>>

       

       

      ▼ビーツの有機種子はこちらでお求めいただけます。

      ビーツの種

       

       

       

       


      | 1/1PAGES |

      search this site.

      グリーンフィールドプロジェクト会社リンクgreenfield project グリーンフィールドプロジェクトショップリンク

      グリーンフィールドプロジェクトのフェイスブック   グリーンフィールドプロジェクトのツイッター

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      野菜だより 2014年 11月号 [雑誌]
      野菜だより 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

      当社の有機種子が紹介されました!

      recommend

      野菜だより 2014年 01月号 [雑誌]
      野菜だより 2014年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

      当社の有機種子が紹介されました!

      recommend

      野菜だより 2014年 03月号 [雑誌]
      野菜だより 2014年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

      当社の有機種子が紹介されました!

      recommend

      recommend

      recommend

      はじめての西洋野菜の手帖
      はじめての西洋野菜の手帖 (JUGEMレビュー »)

      当社サイトのレシピ&栽培方法が紹介されています。

      recommend

      profile

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      recent comment

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM