秋の夜長のゆったり時間〜菜園に想いを馳せて

0

    北風ぴゅーぴゅーの秋。

     

    外は寒いので、おうちの中でゆっくり温まりたい季節です。

     

    家庭菜園が思うようにできないこの時期は、春になったらどんな菜園づくりをしようかな、何を植えようかな、と想いを馳せています。

     

    そんな季節にぴったりの、菜園のヒントになりそうな本をご紹介します。

     

    これからご紹介する本の中には、すでに新刊が手に入らないものもありますが、いずれも名著。

     

    栽培に携わってきた有機のタネ屋スタッフの一押しシリーズです!

     

     

    【ベランダ菜園セラピー】宮田範子(著)

     

     

     

    「ガーデンセラピー」という言葉を聞いたことはありますか?

     

    土いじりしたり、花を楽しんだり、植物の生長をまじかに見て触れることで五感を刺激し、健康的なライフスタイルをつくるセラピーです。

     

    私自身「毎日パソコン仕事でなんだか疲れる〜!」と思った時に、菜園に行って苗を植えたりハーブを収穫したりして、自然に触れるだけでなんだかリフレッシュします。

     

    「栽培してみたいけど難しそう・・・」

     

    「うちはマンションで狭いから無理・・・」

     

    そんな方におススメの本です。

     

    こちらは当社の「発芽野菜アンバサダー」で活動していただいている宮田範子さんの著書です。

     

    2008年から始めたベランダ菜園のブログ「大好きベランダ菜園」が人気になり、1日のアクセス数が1万件以上に。

     

    テレビ、新聞、雑誌などメディア出演でも多数活躍されています。

     

    ベランダ菜園初心者さんにお勧めの本です。

     

    「ベランダ菜園セラピー」はこちら>>>ベランダ菜園セラピー

     

     

     

    【Green Finger ポタジェ】藤井純子(著)

     

    ポタジェづくり

     

    「ポタジェ」は、フランスの修道院から始まったと言われる菜園のスタイルです。

    食料として野菜を、薬としてハーブを育て、花、果樹などいろいろな植物を混植します。

     

    食べたいものを作るだけでなく、菜園の形も美しく整うので、野菜やハーブに水やりしに行くだけでも素敵な庭園を歩いているような気分になって癒されます。

     

    お庭造りに悩んでいる方にもおススメです。

     

    「Green Finger ポタジェ」はこちら>>>Green Finger ポタジェ

     

     

     

    【食べることも愛することも、耕すことから始まる】クリスティン・キンボール(著)

     

     

    ハーバード大学卒業、都会育ちの女性が、ひょんなことから有機栽培で自給自足を目指す青年と恋に落ち、田舎で農業をすることを選んだ実話。

     

    以前、ブログ記事でもご紹介させていただきました。

     

    自分の人生をより充実したものにするために、人は何かを捨て、何か別のものを選択し、新しいものを得たり発見したりするんですね。

     

    戸惑いながらも、全編に生きることへの喜びが感じられる本です。

     

    本格的に田舎で農業しようと考えている方におすすめですよ!

     

     

    「食べることも愛することも、耕すことから始まる」はこちら>>>食べることも愛することも、耕すことから始まる ---脱ニューヨーカーのとんでもなく汚くて、ありえないほど美味しい生活

     

     

     

     

    【雑食動物のジレンマ】マイケル・ポーラン(著)

     

     

    現代の食べ物の原料はどこからくるのか? どんなふうに加工されているのか?

     

    化学添加物も遺伝子組換えもない「本物の」食材だけで食事を作りたい!

     

    でも、「本物の」食材って結局なんだろう?

     

    ということで、ジャーナリストの著者が出会った食材のルーツを徹底的に追跡するという内容。

     

    まさに、「食べ物」をめぐる冒険です。

     

     

    野菜やハーブを栽培する目的は、もちろん「食べること」。

     

    「食べること」に関心のあるすべての菜園愛好家の方におススメします。

     

    「雑食動物のジレンマ」はこちら>>>雑食動物のジレンマ 上──ある4つの食事の自然史

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農


    アグリビジネス以外の方も楽しめる本

    0


      【アグリビジネスにおける集中と環境】
      三石誠司
      清水弘文堂書房 (2007/2/28)



      昔は、モノを売る、買う、という行為がもっと単純だった。
      例えば、自分の畑でとれた野菜を市場で売り、近くの海でとれた魚を買う。
      そして、売るほうも買うほうも、直接なり間接的な知り合いだったりする。
      生活圏が今よりずっと狭かったのだ。

      しかし、現代の“モノ”を取り巻く環境は、もっと複雑。
      利害関係者も多様に絡んでくるし、変化のスピードも速い。

      本書に出てくる遺伝子組換大豆も、開発されてから10年足らず、あっという間に
      アメリカの大豆作付の90%近くを占めるようになった。
      そして、その社会的・経済的・環境的影響は、もはやアメリカだけの問題ではない。


      この本の題名は「アグリビジネスにおける集中と環境」。
      一見、小難しい専門書のような印象を受けるが、
      テーマはあくまで「企業の動きを通じて社会を見る」こと。
      具体的な事例をあげて企業の活動と社会や経済との関係が説明されており、とても分かりやすい。

      農業や畜産分野のアグリビジネスに携わる人ではなくても、十分楽しめる内容だ。
      そして、社会に生きる一人の消費者として、一度立ち止まって考えてみるべきテーマも
      多分に含まれている。
      「遺伝子組み換え〜?なんだか怖いから嫌!!」という、なんとなくの感情論ではなく、
      遺伝子組み換えのメリットとリスク、環境に与える影響や、ビジネスにおける役割などなど、
      客観的に見つめることも大切。

      たまには自分の守備範囲や興味とはまったく別の分野の本や映画を見てみるのも面白いし、
      新たな発見にもなるのではないだろうか。
      いや、むしろ、この本を読むと、自分の興味があろうとなかろうと、
      自分の生活は社会のすべての分野と大きな輪でつながっている、ということに気付くかもしれない。


      ※私は商売柄、種子業界について興味があり読んでみた。種子ビジネスに関するサイトや機関が多数紹介されており、事例とデータを用いて淡々と説明されていて、業界に携わる方々へおすすめの本です。

      意外と乙女な農業本

      0


        【食べることも愛することも、耕すことから始まる】
        クリスティン・キンボール箸

        この本をおススメしたい人:

        ●「脱サラして田舎で自給自足を目指したい、有機農業の世界に入ってみたい!」
             という都会育ちの方。

        ●ライフスタイルがあまりにも違う彼との結婚を考えているキャリア女子。


        ハーバード大学卒業、フリーライターのニューヨーク育ちの女性が、
        有機農業生産者と恋に落ち、結婚。
        都会での華やかなライフスタイルを捨て、「車なんか使いたくない!貨幣経済反対!」
        な極端にライフスタイルの違う男性に惚れてしまい、農業の世界に飛び込む奮闘記だ。

        二人は、田舎に土地を買い、CSAという地域支援型農業(地元の農業の維持・発展や
        新規就農を支援するため、地域住民が会員となって作付前に生産者に商品代金を
        前払いし、収穫時に農作物を受け取る仕組み)を立ち上げる。
        ほぼ自給自足の生活を一から始める話でもある。

        文体も軽快で読みやすく、情景描写も細かい(堆肥からたちのぼる湯気とか
        食用に殺した牛の臓物についてとか、自家製ソーセージのおいしさなど)
        のでその場で一緒に体験しているような臨場感もあって読んでいて楽しい。 

        農業や自給自足について、“ロハスで楽しいスローライフ”というような
        画一的な明るいイメージをうたっているのではなく、リアルな大変さ、
        過酷さについてもしっかり触れているので、なんとなく農業の世界に入ってみたい、
        と考えている都会育ちの方にとっては、この本、参考になるのではないかと思われる。

        「自分が死んだら堆肥にしてほしい」というセリフがある。
        「土に還る」とか「ミミズに食べられる」ではなく、「堆肥」という表現。
        生命の誕生も死も、自然の一部として何度も経験し、体に染み込み、
        ほんとうに農業や畜産にどっぷりつかったからこそ出てくるセリフだなあ、と思った。

        貨幣経済や、市場原理至上主義、ファストフード、グローバリズムなどと
        対極の思想であるようかのように有機栽培やCSAを位置づける必要はなく、
        一つのシステム、ライフスタイルの選択肢として覗いてみるのも悪くないと思う。 

        グリーンフィールドプロジェクトホームページ

        グリーンフィールドプロジェクトオンラインショップ

        | 1/1PAGES |

        search this site.

        グリーンフィールドプロジェクト会社リンクgreenfield project グリーンフィールドプロジェクトショップリンク

        グリーンフィールドプロジェクトのフェイスブック   グリーンフィールドプロジェクトのツイッター

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        野菜だより 2014年 11月号 [雑誌]
        野菜だより 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

        当社の有機種子が紹介されました!

        recommend

        野菜だより 2014年 01月号 [雑誌]
        野菜だより 2014年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

        当社の有機種子が紹介されました!

        recommend

        野菜だより 2014年 03月号 [雑誌]
        野菜だより 2014年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

        当社の有機種子が紹介されました!

        recommend

        recommend

        recommend

        はじめての西洋野菜の手帖
        はじめての西洋野菜の手帖 (JUGEMレビュー »)

        当社サイトのレシピ&栽培方法が紹介されています。

        recommend

        profile

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM