国産・有機栽培の「茶綿(ちゃめん)の種」入荷しました!

0

     

     

    ミルクティーのようなロマンチックな色の綿

     

    「茶綿(ちゃめん)」のタネが入荷しました!

     

    茶綿の種入荷

     

    ミルクティーのような優しいブラウン。

    綿と聞くと、白い色を想像しますが、綿の原種はこのように色がついていました。

    紫外線から身を守るために色がついていたと言われています。

     

    一般的に普及している白い色の綿は、人間が長い時間をかけて品種改良を重ねた綿です。綿の原種は、こちらのようなブラウンや、薄緑色がついた有色綿でした。有色綿などの在来種は病害虫や乾燥に強く、栽培に多くの肥料を必要としません。無農薬・無化学肥料での有機栽培にも挑戦できます。

     

     

    もっとも身近な「綿」について私たちはほとんど知らない。

     

    「綿」と言えば、タオルや靴下、ハンカチ、ズボンにブラウス、Tシャツに…と、私たちの生活には欠かせない素材。繊維製品の60%が綿製品と言われています。

     

    こんなにも身近な綿ですが、こんなにも問題が多い農産物も他にない、というのが現状です。

    例えば、農薬や殺虫剤。

    綿花の農場は世界中の農地の2.5%に過ぎませんが、綿栽培における殺虫剤使用量は世界全体の使用量の16%とも言われています。これほど殺虫剤を使う農産物はほかにありません。

     

     

    綿の農薬

    画像元:Hindustan Times

     

    また、世界の綿花農家の99%(!)は農村地帯にすむ小規模農家で、防護服も手に入らず、識字率も低いため、安全についての注意書きを読むこともできないと言われています。このため、綿花の殺虫剤使用が原因の死者数は毎年少なくとも2万人、入院者数は100万人にのぼります。※

    労働賃金が安いため、児童労働の割合も多い農業分野です。

    白色綿は、製品化の過程でつや出し加工や漂泊、染色などの工程が加わり、工程ごとに化学薬品が使用されるので環境にも負荷がかかります。

     

    このような綿の生産方法が問題視されるようになり、近年、農薬や殺虫剤を使用せずに生産されたオーガニックコットンが少しずつ広がっています。

     

    ※国連大学ウェブマガジンより一部引用:https://ourworld.unu.edu/jp/monsantos-cotton-strategy-wears-thin

     

     

    私たちが未来へつないでいけるものとは?

     

    江戸時代ごろから盛んになった日本の綿花栽培。ところが明治維新以降、中国やアメリカなどから安価な綿が輸入されるようになり、国内の綿栽培は衰退していきました。

    そんな中、綿の種の保存を行ってきたのが信州大学繊維学部です。約30種類の綿の種を守ってきました。そして、種を保存するだけでなく、活用しよう!と動いたのが株式会社アバンティ代表・渡邊智惠子さん。環境にも人にも優しいオーガニックコットンを日本に広めたいと会社を設立し、30年以上にわたってオーガニックコットン製品を世の中に提供してきました。

     

    アバンティ

     

    アバンティは、信州大の協力を得て、オーガニックコットン製品の日本での生産に挑戦しています。

     

    日本に引き継がれてきた技術を生かしたいという思い、そして顔の見える安心安全なものづくりのため、糸から生地、最終製品までを日本でつくることにこだわっています。

     

    次の世代へ伝えたいこと、それは伝統技術であり、知恵であり、美しい地球環境です。

     

     

     

    グリーンフィールドプロジェクトができること

     

    種は保存するだけじゃ「もったいない」!

    そんな、渡邊さんの強い思いに、種屋の私たちも「その通り!」と共感。

     

    種は育てるもので、育った綿は使う物なのです。私たちの祖先がずっとそうしてきたように、生活の一部であってほしい。

     

    と言っても、農地の狭い日本で、綿生産農家を増やし、国産のオーガニックコットン製品を流通にのせ販売する、というのはまだまだ厳しいところ。価格の面でも競争力が必要です。

    それでも普及させたい。

    日本の綿自給率ゼロが1%になる日を願って。

     

    そして、種から綿を育て、消費者の皆さんに綿を身近に感じていただくことで、

    オーガニックコットンを広めていきたいという強い思いから、

    今回の種の販売が実現しました!

     

    茶綿の種

     

    販売1袋につき10円が、日本オーガニックコットン協会へ寄付されます。

    また、この寄付額と同額を種子販売元であるグリーンフィールドプロジェクトから追加寄付する予定です。

     

    お庭やベランダでちょこんと、ふわふわかわいい綿花を栽培してみませんか?

     

     

    有機栽培された茶綿の種は希少です。

    無くなり次第終了となります。

     

    ▼商品ページはこちらから

    茶綿

     

     

     

    JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    search this site.

    グリーンフィールドプロジェクト会社リンクgreenfield project グリーンフィールドプロジェクトショップリンク

    グリーンフィールドプロジェクトのフェイスブック   グリーンフィールドプロジェクトのツイッター

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    野菜だより 2014年 11月号 [雑誌]
    野菜だより 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

    当社の有機種子が紹介されました!

    recommend

    野菜だより 2014年 01月号 [雑誌]
    野菜だより 2014年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

    当社の有機種子が紹介されました!

    recommend

    野菜だより 2014年 03月号 [雑誌]
    野菜だより 2014年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

    当社の有機種子が紹介されました!

    recommend

    recommend

    recommend

    はじめての西洋野菜の手帖
    はじめての西洋野菜の手帖 (JUGEMレビュー »)

    当社サイトのレシピ&栽培方法が紹介されています。

    recommend

    profile

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    recent comment

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM